チャットレディとマイナンバー制度の関係とは?

チャットレディは将来性が期待される仕事! 副業に最適

チャットレディは将来性が期待される仕事! 副業に最適

チャットレディの仕事をしている女性は10代から40代、50代の女性も多く、シングル女性はもちろん既婚者もたくさんいます。中にはOLとして仕事していて、休日や夕方以降の時間にチャットレディの仕事を副業でしている人もいます。

 

今や不景気が長期化していて、本業を持っているだけではこの先、なにかと不安が増すばかりなので、副業をすることで不安を安心に変えられると思います。チャットレディの仕事は慣れるまでは収入がなかなか増えないこともあるかもしれませんが、だんだん慣れてくると、自然に会話が弾むようになり、だんだんお客さんが増えてくるものです。

 

チャットレディを運営している会社もどんどん増えていて、健全に運営されているので、とくに不安を感じる必要もなく、安心して仕事が始められます。もちろん、個人情報もきちんと保護されていて、経験者はもちろん未経験者も大歓迎です。

 

チャットレディとマイナンバー制度の関係が気になる

2016年1月から導入されるマイナンバー制度について、チャットレディの仕事をしている人は、どのような心構えでいれば良いのでしょうか。
中にはこの制度自体に不安を感じている人もいるようですが、チャットレディのみで仕事をしている人と、会社員として仕事をしている人は、ある一定の所得金額を超えた場合に、確定申告の手続きを行う必要が出てきます。

 

マイナンバー制度が始まるからといって、確定申告の義務がある人は正しく申告していれば何も不安に感じることはありません。あまりネガティブに考える必要はなく、それよりもチャットレディの仕事に誇りを持ち、仕事を楽しみながら続けてほしいものです。

 

チャットレディの仕事を続けていくうちに、時にはログインする男性会員が少なくて悩むこともあれば、会話が長続きしなくてお客様が離れていくのでは、と気にする人もいるようです。さまざまな悩みを抱えている人は、インターネットで検索してチャットレディの仕事をしている人のブログを読んでみたり、ブログに相談の書き込みをして何かアドバイスしてもらうのも良いですね。

 

もし今まで確定申告をおろそかにしていた方は、マイナンバー制度の導入を機にしっかりと税金について学んでみる事をおすすめします。
例えば副業でチャットレディで稼いでいる人でも、年間収入20万円までは課税対象とならないため、申告しても税金を支払う必要がありません。

また、専業でチャットレディをしている場合でも、「年間所得103万」までであれば、控除(所得から一律で差し引かれる金額)の方が多いために、同じく納税の必要がありません。

さらに、専業の場合は上記の「年間所得」の金額に経費を差し引く事が出来るため、例えば携帯代・衣装代・家賃の一部なども経費として引くことが出来ます。
そのため、課税対象となる「103万円+経費金額」を超えた部分の所得金額というのは、実はあまり発生していない場合が多いのです。

もし今まで税金を不安に思って全力で稼ぐ事が出来なかった方は、こうした知識を学ぶ事で今以上の収入を得られる事と思います。

 

私がDMMライブのチャットレディを選んだ理由とは?

私がDMMライブチャットを選んだ理由とは?

 

 

チャットレディの初心者ガイド

@仕事内容について Aこんな方にお勧め B種類について C登録方法について
チャットレディはどんな仕事をしているのか気になる!チャットレディはどんな仕事をしているのか気になる! チャットレディはガッツリ稼ぎたい人に! 空き時間を有効活用チャットレディはガッツリ稼ぎたい人に! 空き時間を有効活用 パソコンやスマホやケータイでお手軽にチャットレディのお仕事パソコンやスマホやケータイでお手軽にチャットレディのお仕事 チャットレディの仕事開始の前に登録手続きを済ませておこうチャットレディの仕事開始の前に登録手続きを済ませておこう
D報酬について E稼ぐポイントは? F気を付ける事は? G最後に
チャットレディで報酬が発生する条件とは?チャットレディのお仕事で報酬が発生する条件とは? チャットレディで効率よく上手に稼ぐためのテクニックチャットレディで効率よく上手に稼ぐためのテクニック チャットレディとして最低限のマナーはきちんと守ることチャットレディとして最低限のマナーはきちんと守ること チャットレディとマイナンバー制度の関係は?チャットレディとマイナンバー制度の関係とは?